【新型コロナ肺炎】正しいマスクの着け方とは?|あなたの着け方は間違っている!?

health
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。cossory+です。 

 

東アジアを中心に「新型コロナウイルス」が流行っています。

 

コロナウイルスは、「呼吸器疾患」に分類されるので、口・気道・肺に入らなければ、感染することはありません。

 

そこで注目されているのが、「マスク」です。

 

しかしながら、ニュースでは「マスクはあまり予防の効果が無い!」と言われています。

 

そこで本記事では、予防効果を上げるマスクの正しい着け方を紹介します。

 

 

✔ 本記事から学べること

クイズをとおして、マスクの正しい着け方を学ぶことができる。

 

 

| マスクの正しい着け方とは?

✔ 1.できるだけ個包装の商品を選ぶ

ひとつひとつが袋で分けられている商品を着けるのが前提条件らしいです。 

 

個包装であるため、無菌のマスクをすぐ使えるということですね!

 

しかし、個包装されているマスクは、値段が高いのが現実。。。

 

実際はひとつの袋に大量に入っている商品を買いますよね?

 

そんな個包装で買いたくない人は、マスクの着け方で予防効果を上げましょう!

 

事実、マスクの着け方だけで、予防効果が4倍も違うといいます。

続いてからは、マスクの正しい着け方です!

 

✔ 2.意外と知らないマスクの表裏のちがい

マスクの表裏のちがいをご存じの方がどのくらい居るかはわかりませんが、

予防のために紹介しておきます!

 

~~いきなりですが皆さんに質問です!~~

 

次のマスク画像の見えている面は、表面でしょうか?, 裏面でしょうか? 

(※表面とは「外側」を、裏面とは「肌側」を表しています。)

気になる答えは、、、

裏面(肌側)です!!

 

いかがでしたか?

 

間違えてしまった方も多いのではないでしょうか?

 

皆さんがいつもマスクを見分けるポイントとして、

・面の折り目が外側に折られているのが「表面」。その逆が「裏面」。

をあげるかたがいます。

 

マスクの種類によっては、その判別法で表裏が見分けられますが、

上の画像のマスクでは難しかったのではないでしょうか?

 

ここで正しいマスクの表裏の見分け方をお教えします。

 

正しいマスクの表裏の見分け方は、

ゴムひもの溶着面がある面が「表面(外側)」

(※溶着面・・・ゴムひもとマスクをつなぐ、少し固くなっている部分のこと。)

 

もう一度、さきほどの画像を見てみましょう!

マスクのゴムひもの溶着面が見えませんよね?

 

ですから、この面は裏面(肌側)となるわけです。

 

✔ 3.マスクの正しい着け方とは?

マスクの表裏がわかったと思いますので、本題の着け方にはいります!

 

図をもとに詳しく知りたい方は、

~~こちらの「メディコムジャパン」さんのサイトをご覧ください!~~

 

マスクの正しい着け方は、4 段階あります。

 

具体的に紹介していきます。

 

①:表裏に注意しながら、マスクを広げる。

②:顔にあて、針金の部分を鼻の形に合わせます。

③:ゴムひもを耳にかけ、マスクを顎のしたまで伸ばします。

④:鼻のわき・頬にマスクとの隙間ができないように形を合わせる。

 

以上が、マスクの正しい着け方の4段階です!

 

2番と3番の順が逆になっている人が多いようですね!

 

私もそのひとりでした!(笑)

 

ポイントは、着けてから隙間ができないように調整することです。

これをやるとやらないとでは、予防効果に雲泥の差がでるようです!

 

✔ 4.外出時にマスクを外すときの注意点とは?

外出時、食事をしたりと何かと外す機会が多いマスク。

 

皆さんがマスクを外すたびに、予防効果が薄まっているのが大きな問題になっています。

 

そこで、NGなマスクの外し方を紹介していきます!

 

外したあとに顎にかける

・表面(外側)を触りながら外す

・表面を外側に折ってたたむ

 

この3つが特に危険です。 

ニュースなどで何度か取り上げられているので、ご存じの方も多いかもしれませんね!

 

いずれも、せっかく表面で防いだウイルスや菌を、はずすときにばらまいている行為です。

 

マスクの効果が関係のないところで感染することのないよう、以上の行動は控えましょう!

 

 

| まとめ

意外に知らなかったマスクの話があったと思います。 

新型コロナウイルスは、これからさきまで収束の見通しは立っていません。

だからこそ、「自分を守るのは自分」。

 

正しい知識でマスクの予防効果をあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました