【心理学】自分をコントロールするための心理学を勉強する方法【心理学8つを紹介】

psychology
この記事は約6分で読めます。

こんにちは。cossory+です。

 

人をコントロールする心理学は世の中に溢れていますが、その方たちは

自分をコントロールできたうえで、相手をコントロールしているのか?

 

という疑問が思い浮かびました!

 

6ヶ月間、自分の心の動きを学ぶために勉強していた僕でさえ、未だにコントロールできません。

 

ですから、心理学の法則をしっただけでは、到底コントロールできないと思って頂きたいです。

 

  1. ~目次~
    1. 1.自分を心理学でコントロールするメリットとは
    2. 2.自分をコントロールするために学びたい心理学8選
    3. 3.心理学を学ぶのに、おすすめのサイト・参考書とは
  2. 1.自分を心理学でコントロールするメリットとは
    1. 1.感情的になるのを防ぐ
    2. 2. 人間関係を円滑にすることができる
    3. 3. なにより自分が成長することができる
    4. 1.感情的になるのを防ぐ
    5. 2. 人間関係を円滑にすることができる
    6. 3. なにより自分が成長することができる
  3. 2.自分をコントロールするために学びたい心理学8選
    1. 1.一貫性の原理
    2. 2.類似性の原理
    3. 3.社会的証明の原理
    4. 4.権威の原理
    5. 5.希少性の原理
    6. 残りの3つの心理作用
    7. 1.利益最大の原理
    8. 2.公平性の原理
    9. 3.返報性の原理
  4. 3.心理学を学ぶのに、おすすめのサイト・参考書とは
    1. 1.ナリ心理学オフィシャルブログ・・・わかりやすい身近な例を取り上げて解説してくれています。空白も設けられていて、とても読みやすいブログとなっています!
    2. 2.ビジネス心理学ブログ・・・人間関係が絡まり、精神的な悩みが多くなるビジネスの現場において役立つ心理学を紹介されています。自分をコントロールするための心理術も数多く登場しているので、とてもおすすめのブログです!
    3. 1. 「なるほど!」とわかる マンガはじめての自分の心理学 ・・・この漫画心理学シリーズでは、「自分の心理学」のほかに、「他人の心理学」を紹介しています。
    4. 2. MBA 心理戦術101 なぜ「できる人」の言うことを聞いてしまうのか  ・・・本記事で紹介した「権威の原理」をさらに詳しく解説しています。おすすめの商品です!
  5. ~まとめ~

~目次~

1.自分を心理学でコントロールするメリットとは

2.自分をコントロールするために学びたい心理学8選

3.心理学を学ぶのに、おすすめのサイト・参考書とは

 

1.自分を心理学でコントロールするメリットとは

次の5つです。

1.感情的になるのを防ぐ

2. 人間関係を円滑にすることができる

3. なにより自分が成長することができる

 

順に説明していきます!

1.感情的になるのを防ぐ

心理学を学ぶことで、余計なことに反応しにくくなります。

 

無関心とは違い、常に一歩後ろに下がった位置から考えているように見えるようです。

周りの人から冷静で知的な人に見られる。

 

関わらないことでトラブルを避けることもできている点も、メリットのひとつですね!

 

2. 人間関係を円滑にすることができる

周りの人から冷静で知的な人に見られるため、「近づきにくい。」と思われるかと思いきや、意外にそんなことはないようです。

 

むしろ、そんな雰囲気を乗り越えてくる人は、なんらかの目的をもってくるはずですから、自然に知人が自分に意味のある存在となります!

自分にとって有益な人が集まる。

 

3. なにより自分が成長することができる

自分が勉強する → 過去の自分より成長している

この意味も含まれていますが、僕が想定しているのは、

周りの人(環境)が、自分を成長させてくれる。

こちらの方です。

 

つまり、心理学を自分のために学ぶことで、

自分の価値をあげることができますよ!

ということを言いたいわけです。

 

2.自分をコントロールするために学びたい心理学8選

「心理学」の画像検索結果

ここからは、実際に自分をコントロールするために学んでおきたい簡単の心理作用を紹介します!

1.一貫性の原理

・一度決めたことは、最後までやり通したい。

自分で決断した行動って、なぜかやめられないですよね?

 

それは、この「一貫性の原理」が働いているからです!

 

人間は、無意識のうちに自分への「マイナス」を避けようとします。

「行動をやめる」=「諦める」=「マイナスの言葉」

 

「諦める」は、「マイナスの言葉」なので回避

「行動をやめる」は、「マイナスの言葉」なので回避

 

このように、自分への「マイナス」は「回避」していきやすいです。

 

また、自分にとって「苦痛・損(マイナス)」でも続けようとするのは、

「自己高揚欲求」が働くからです。

他人から認められたいわけですね。

 

逆を言えば、本人が辛そうで、自分がやめてほしいことがあったら、

「褒めてあげる」「認めてあげる」とやめてくれるかもしれません!

 

2.類似性の原理

・似ているものを好ましく思う。

話が合う人、趣味が合う人といると、どこか安心感を抱きますよね?

 

その心理作用が、「類似性の原理」です!

 

~なぜ安心感を抱くのか?~

・常に自分を肯定してくれる環境だから。

 

人間は「マイナス」を嫌がり、「プラス」を好みます。

自分の「態度」や「意見」が否定されることがありませんから、当然ですね!

 

3.社会的証明の原理

・多くの人がやっていることは、正しく見えてしまう。

 

見てもいない行列店の料理を勝手に「おいしいのだろう」と思ってしまう

 

こう考えてしまう心理作用が、「社会的証明の原理」です。

~なぜ「トレンド」は生まれるのか?~

・同調の心理が働くから。

 

これらも「同調の心理」です。

「他人の意見に合わせてしまう」

・「多数派の意見に合わせてしまう」

 

人の判断は他人から大きな影響を受けてしまうことがわかりますね!

 

4.権威の原理

・権威のある人の言うことは正しいと思う。

根拠がなくても、ある程度稼いでいたり、権力をもっている人の言うことって信じてしまいがちですよね?

 

そんな権威のある人を、そういう印象で見てしまう心理作用があります。

この心理作用を、「権威の原理」といいます!

 

5.希少性の原理

・希少性の高いものに価値を見いだす。

 

・「宝石店に売っている宝石などを、なぜか分からないけれどほしくなってしまう」

・「限定品と言われると、そんなにほしくなかったのに買ってしまう」

 

以上の経験がある人は、「希少性の原理」に惑わされていますよ!

「手に入りづらいものほど、手に入れたくなる」心理作用です。

 

~なぜ希少性の高いものに価値を見いだすのか?~

・生きてきた経験上、「希少性」と「価値」が比例することをしっているから。

 

そしてそこには、「リアクタンス」という心理が働きます。

リアクタンス・・・自分の権利の再確認欲求。

「欲しいものを手に入れられる」という自由の権利が「希少性」によって阻まれると、

「権利の再確認が必要だ」と思い、

「希少なものほど手に入れたい」という欲求が生じるわけです。

「権利の再確認したい」=「希少なものを手に入れたい」

 

残りの3つの心理作用

・「人間行動の大原則」と呼ばれる、行動心理の根幹を担う作用。

紹介した8つのなかで、もっとも基本的で大切な心理作用です!

 

ほとんどの行動が、この残りの3つで説明できます!

3つの作用の内容は、次のとおりです。

1.利益最大の原理

2.公平性の原理

3.返報性の原理

 

《この3つは別の記事で紹介しているので、こちらでご覧ください!》

 

3.心理学を学ぶのに、おすすめのサイト・参考書とは

「心理学」の画像検索結果

心理学を6ヶ月学んだ僕がおすすめするサイト・参考書です!

 

~サイト編~

1.ナリ心理学オフィシャルブログ・・・わかりやすい身近な例を取り上げて解説してくれています。空白も設けられていて、とても読みやすいブログとなっています!

2.ビジネス心理学ブログ・・・人間関係が絡まり、精神的な悩みが多くなるビジネスの現場において役立つ心理学を紹介されています。自分をコントロールするための心理術も数多く登場しているので、とてもおすすめのブログです!

 

~参考書編~

1. 「なるほど!」とわかる マンガはじめての自分の心理学 ・・・この漫画心理学シリーズでは、「自分の心理学」のほかに、「他人の心理学」を紹介しています。

2. MBA 心理戦術101 なぜ「できる人」の言うことを聞いてしまうのか  ・・・本記事で紹介した「権威の原理」をさらに詳しく解説しています。おすすめの商品です!

~まとめ~

こんかいは、自分をコントロールするための心理学の学び方について紹介しました!

 

自分を心理学でコントロールするメリットの魅了に惹かれて

たくさんの人が、心理学を学んでくれたらなぁと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました