【ブロガー必見】無駄ツイートが減る!?ペルソナ設定の仕方

SNS
この記事は約4分で読めます。

・ペルソナの設定の仕方がわからない

・ペルソナに刺さりまくるツイートの仕方とは?

このような疑問を解決します。

 

✔ 本記事のテーマ

無駄なツイートを減らすためのペルソナ設定の仕方。

 

✔ 記事の信頼性

記事を書いている僕は、Twitter暦半年。

ペルソナ設定を行い、1週間でフォロワー76人を増加した実績あり。

 

✔ ペルソナ設定の仕方(お急ぎの方)

>>結論:過去の自分をペルソナにする。

✔ みなさんへのメッセージ

「アクセス」と「収益」を伸ばすためには、SNSでの集客が必要になります。

SNSでの集客のためには、ペルソナを学ぶ必要があります。

この記事で「ペルソナ」についての理解を深めましょう。

| ペルソナとは

一般的な意味でのペルソナは、「人格」です。

人の表面的な人格を表現するときに使われます。

しかし、ブログ界では意味が変わってしまいます。

 

✔ ブログ界での「ペルソナ」

ブログでは、「ペルソナ」の扱いが変わります。

ブログ上での「ペルソナ」は、「ターゲットする」という意味になります。

気になるのは「ターゲットする」とはどういう意味なのか?ですよね。

 

✔ ブログ界での「ターゲット」とは?

ブロガーは、自分の記事を読んでもらえるように読者を限定します。

この「読者を限定すること」「ターゲットする」と呼んでいるわけです。

>>結論:「読者を限定する」=「ターゲットする」=「ペルソナ」

 

では、なぜ読者を限定(ターゲット)する必要があるのでしょうか?

 

✔ ターゲットする理由

>>結論:情報が届きにくくなっている中で、記事を読んでもらうため。

世の中に情報が溢れているため、不特定多数に届けようとしても無理です。

ですから、読者を限定して情報を発信する必要があるです。

読者を限定することで、あなたの声(記事)が届きやすくなるわけです。

では、どうやって「読者を限定する」のでしょうか?

 

情報が届きにくくなっている理由は、下の記事で紹介しています。

>>参考:【事実】あなたの声は99%届いていない。

 

✔ 読者を限定する(ペルソナ設定)方法とは

>>結論:「ペルソナ」は、過去の自分で問題なし。

ブログには「ペルソナは、細かく設定しよう!」という話が溢れています。

しかし、”細かく”の程度が過ぎることはご存じですか?

ブログで理想とされる「細かさ」は、以下のとおりです。

「細かく」・・・性別・年齢・仕事・趣味・地域・環境・誕生日 etc…

 

正直、ここまでしている人はいないと思います(笑)

実際に設定しようとしても、思いつかないのが目に見えます。

そこで「過去の自分をペルソナにする」という方法が流行っています。

 

✔ 過去の自分をペルソナにする理由

>>結論:記事が書きやすい・アドバイスが的確になるから。

過去の自分をペルソナに設定すると、記事が格段に書きやすくなります。

単純に経験を語る記事を書くだけですからね。

また、経験論に沿った記事になるので、アドバイスや解決策が的確なものになります。

アドバイスが的確になると、読者からの信頼度も上がります。

過去の自分をペルソナにすると一石二鳥というわけです。

 

| ペルソナに刺さるツイート法

>>結論:ペルソナを助けるようなツイートをする

いくらペルソナを設定したからと言って、閲覧数が増えるわけではありません。

そこで、ペルソナにツイートを見てもらえるように工夫しましょう。

ツイート内容は、「ペルソナを救済する」ようなツイートがよいです。

基本的に、人々は自分の悩みを解決するためにSNSやWebを検索します。

ですから、ツイートや記事は「悩みを解決」=「救済」するものがよいですね。

| まとめ

①ブログでの「ペルソナ」・・・「読者を限定すること」

②ペルソナ設定は、「過去の自分」で OK!

③ペルソナに刺さるツイートは、「悩みを解決するツイート」にする。

 

ブログでの「ペルソナ設定」は、はじめの一歩のようなものです。

怠ることなく設定しましょう。

タイトルとURLをコピーしました